続・曖昧は続かない

水槽のクジラ(vo.gt)

むいていない

 

人間、向いてないこと あるよね

僕は一般社会の生活に心底向いてない 

割と人との対応出来るし ちゃんとすればちゃんと出来ると思っていましたけど、まやかしでした

だから音楽しかない、みたいな思考は嫌なんだけど結局ここに行き着いてしまうのだな と思う

あらいもの

 

かなしいことはグラスの底によく溜まる

丁寧に洗ったつもりでも、そんな気がしてただけなんだな 汚れも匂いも もっと上手な取り方があるのにな

 

と 普段使っているタンブラーを洗っていて思った。

僕は洗い物があんまり上手ではないみたい。

雑記_1

 

・疲弊しきった身体から出て来る言葉ってのはすんごいフラットだ 自分の言葉ながらにハッとする 

 

・もう僕の人生に関わる事が無くなった人の影が見当たるはずのないところでちらついた。その影を見つけた僕はそれを拾って帰りたい、なんて。未だこの白いTシャツの裾を小さな重力に打ち付けられていたことに気付くのだ。ああ恥ずかしい!

 

・掛け値のない友人と飲んだ 元メンバーもいるしアレだけど 彼は友人というポジションなのかはすごく難しいけど でもみんな健やかに幸せをつかんで生きて欲しいって気持ちだけは本当だ。嘘がないって事だけが僕らを正しくここに立たせてくれる。これからもそう在る。

おもひでオーヴァードライヴ

 

10/14、さぬんさんの日、楽しみだな。‪やっぱりキノトは僕にとって特別なライブハウスなのだと感じる。

ダメになるまで朝までテキーラ飲み干した事とか、そのままの身体で気付いたら電車乗って栃木まで眠ってた事とか。僕らの企画で打ち上げ最後まで残ってくれてた友人達が裸になったり思い切りビンタされたり。未だにあの時の写真残ってるな…。

お酒で記憶を飛ばしたのもキノトで初めてだった。あの時はniente.とかplot scrapsとかハルカミライとかいたな…

 

…打ち上げの事ばかりだわ

打ち上げ以外も色々あったけど、それはまた別のタイミングで。

 

僕は大学というところには行かなかったし、恐らくこれからも行かないだろうし、こんな出来事たちが僕の想像し得る学生生活の陽の部分のように、感知しては掴めずすり抜けていく、何よりも尊い時間でした。

 

 

 

青春を一つ一つ、押入れに仕舞っていく。そんな出来事たちが立て続けに起こる。今年はそんな年なのかも知れない。そして空になった部屋には何が残るだろう。それがたとえ小さかったとしても、まぶしいものでありますように。

 

 

 

ぼくはもうなにもきみにわたせはしない

 

本当にその歌詞の一節を話していたんだ、という話を聞いた。僕が久々にカラオケに行った時に歌った歌を友人が聴いて「國光くん、わたしにこれ言ってきたんだよね」って。

 

 

彼の言葉を引き金に 僕は君に何を渡せるんだろう と考えるけれど、きっと僕は渡すどころか緩やかに奪ってきた側の人間なんだと思う。感性とか思想とか仕草とか、口癖とか。君になりたいと思って。僕は僕で在りたいのに。

 

今の僕は奪いたいものなんてないし、僕の持ち得る全てのことを注ぎたい。そういう風に思える人と一緒に人生を過ごしていきたい。もう空っぽのスポンジに愛みたいなものを染み込ませるような事はしたくない。

 

 

「僕はもう何も君に渡せはしない。」

 

 

ずっと見ていた夢から覚めれば、美しい自死なんてのは存在しなかった事に気付く。だから僕は生き続けてやりたい。それが決して美しい行為ではないとしても。

 

 

『僕はまだ何かを君に渡せるから。』