読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・曖昧は続かない

水槽のクジラ(vo.gt)の西田です。これは日記

6/11 下北沢ERA ワンマンライブについて

散々告知している通り、6/11(日)は下北沢ERAにてお昼の無料ワンマンを行います。 何故無料でやるのかって、純粋に今の水槽のクジラを見て貰いたいから。それ以外の理由はあまりない。 舞台裏の話をするのもアレだけど、お客さんがいくら来てくれても僕らには…

生活

開け放った窓からみえたもの、アパートメントのやさしさ こんな暮らしに初めて羽根が生えたときのこと 手紙を書こう。 涙ですりきれた 思い出をしたためて 掠れていった恋の化け物達に手を振って ロマンス映画の端っこで おなじ夢を見る事を望んでいた 紅茶…

20170527-28

5/27 下北沢サウンドクルージングを観に行った 風知空知という弾き語りのハコ、場所はぼんやりわかっていたものの入り口が分からず(普段と違ったみたいで)めちゃくちゃ彷徨ってしまった 夏目栞さん、最後2曲くらいしか観れなかった ごめんなさい 色々バンド…

20170526

あまりの寂しさにブログを書き始めてしまった 誰もいない、止まらないバス停で書いている 日高屋で油そばとレモンサワーを飲んだ帰りに書いている 今日は渋谷キノトにてライブでした 単刀直入に、たのしかった 良い日でした THURSDAY'S YOUTHのハジオさんに…

夢日記

志村貴子という何かのバンドをやっている女性が間違えてなければ昔おじいちゃん達が住んでいた家でバンドマン飲み会みたいな、ことをしていた 他にもzooqsの坂本くんがいた気がした 眉は少し濃かったけど、デニムのワンピースが似合うた細身の綺麗な女性だっ…

ブログが消えた

書いたブログが消えたのでたくさん怒ってます! これからは書き終えたら全文コピーするクセつけます ぼくの不手際じゃないことでヤキモキするのがホントにやだよ

さかさまの虹

与えるのではなく、引きずり出すようなものをつくりたい 僕はいつだって与えられるモノには興味が無かったように思う そこに在る、ということがどれだけの価値があるのか 僕は知ってる。 そしてこういう思考は売り物にならないのか、ぼくはまだわからない。 …

「かたちのおわり / かたちをかえて」のおはなし(後編)

後半です、それではいってみましょう。 「飛べないこどもたち」 この曲だけ、丁度去年に制作している頃(日付を見たら2015.12/26に書かれていた)のセルフライナーノーツようなものがあったので、どうせならと思いソレを掲載してみます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…

「かたちのおわり / かたちをかえて」のおはなし (前編)

「かたちのおわり / かたちをかえて」解説前編です。今になってやっと客観的に見れるようになったので、これが楽曲に対しての本心。当時恥ずかしくて言えなかった事もちゃんと喋れた、と思います。 楽曲だけを聴いていたい、などあまり自分の中のイメージを…

いずれまた春に

枯れてしまったね、さくらの花は。気付けば いつか互い違えて 心の襞の中に隠した花弁もまた蕾になるくらいに 遠い何処かで夢見ていたんだ。 結んだ 海もほどけていってしまう。 情熱はどこか深く眠って今更、今更何を思えば良かった? いつも笑って、綺麗…

2016 0521

facebookに投稿した文。流れていってしまうのは嫌なので、忘れぬように。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 僕のやっている「水槽のクジラ」というバンドが2016年7月6日に1st mini album「かたちのおわり / か…

開け放つ窓

朝 目が覚めたら ここにはいられなくなる 二時はもう過ぎていた ここにはいられなくなってた あなたが見ていた 終わりの季節が 巡ってくること 匂いが また映すんだね 霧の海、燃えていく 19歳の 僕らは いつだって 退屈を 終わらせて 欲しかった いるはずの…